RATTMAN BBS

  • 新規投稿は、こちらのフォームから。
[1043]への返信フォーム
マークは必須項目です。
キーワード (← 書く の読みを全角カタカナで記入)
お名前
メール
URL
題 名
本 文
パスワード (半角英数字4〜8桁。記事の編集/削除に使用)
 

[1046]Re: お願いです。 fum PC 2007/08/21(Tue) 02:32

先行予約ありがとうございました。本日第一弾の発送をいたしましたので明日・明後日にはお手元に届くと思います。

簡単にポット(パラメーター)を説明いたします。
右から「Boost」はブースターのゲインで、右側のスイッチをオンした時のブーストする量を調整できます。
RattManのほかのブースター付ペダルと同じく、単独での使用が可能ですので、ドライブがOFFの時でもブーストできます。と言うことは、アンプがクリーンセッティングですとそのまま音量が上がり、クランチでしたらさらに歪むことになります。
もちろんドライブがONの時は音量と歪が増えますのでサスティーンも長くなります。

Boost以外のポット(パラメーター)はすべてドライブの物です。「Gain」、これは一般的な歪系と同じく歪の量ですが、全体の歪の量と、高域の歪の量の両方を可変します。隣のDriveと相対的な関係があります。
「Drive」はGainが絞り切りですと音量が少し変わるくらいですが、ある程度上げた状態ですと中低域の歪を可変することが出来ます。
「Tone」はTS系の物よりフルにしたときのハイの上がる量を増やしました。利くポイントも少し高域よりです。ハム系のギターは出力が高いのでブーミーになりがちですのでここで補えるようにと言う設定です。
「Vol」はそのまま出力の音量ですが、一般的なペダルよりも出力が高いので、12時近辺が普通の感覚での出力です。
場合によっては、歪みにくいアンプも強引に歪ませるような使い方も出来ます。

カリッとした乾いた歪ならDriveを控えめにGainを中くらいで、ジャリジャリしたのが欲しい時にはGainはフルでDriveは控えめで、トーンを上げて。
中域の粘りが欲しい時にはGain・Driveともに高い目にトーンは抑え目に。
ブリブリの歪はGain・Driveともにフルでトーンは抑え目に。
と言う感じです。

ちなみにワウを前につないで半止め状態でブーストも入れてオールフル状態でFUZZみたいにブリブリになりました。
反対にGain・Driveを控えめにしてVol・Toneで作ると、歪セッティングのアンプに程よくプラスの歪を足すことも出来ます。

要はGain・Driveの兼ね合いだと思います。

「ここが面白くないよ」とか「こういう使い方が出来るよ」とか何でもけっこうですので、ご意見を頂ければたいへん助かります。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。


<関連ツリー>